企業情報 社長挨拶

社長挨拶

困難な時だからこそ「絆」という旗印の下、
皆が一丸となり、考動していきたい。

近年、世界的な不況・政財界の激動・地球環境の深刻化と柔軟に対処すべき「変化」が次々に表れています。

先行き不透明な状況ではありますが、これからの「変化」こそが人を育て、企業を育て、社会を育てる「糧」になると私は信じています。

困難だからこそ “絆” という旗印の下、皆が一丸となり、「変化」への感度・感性を高め “考動” していく。

そうすることでお客様や社会のニーズを捉え、ビジネスチャンスや市場回復のタイミングを見極め、どのような「変化」にも対応できる人材が育ち、企業や社会が育まれていくものと思います。

当社が旗揚げしてから60年。夢、よろこび、そして優しさ・・・

建設に対するこれらの普遍的な「想い」を「カタチ」にできる当社の「組織力」こそ当社の強みであり、財産です。

培われた伝統と技術を守り・活かし、知恵と工夫を創出し、汗を流しながら立ち止まることなく「昇華」し続け、社会に貢献してまいります。

社是

「考動」

人の実力は、能力・努力・考え方で決まる。「考え方」がマイナスなら会社はつぶれる。
一人一人がプラス思考でしっかりした「考え方」をもって行動すれば必ず前進する。
これが「考動」である。また、途中で軌道修正をする能力があることも、大切な「考動」である。

社訓

  • 一、計画を立てよ たてたら直ぐに実行せよ
  • 一、今日の事は明日にのばすな
  • 一、骨身を惜しまず目的完遂
  • 一、労を惜しむ者は去れ

経営理念

顧客、社員、地域社会との“ 絆” を強め、全てにおいて信頼・安心できる企業を目指す。