地域・社会貢献

2018

菅野建設工業では、日ごろの感謝と当社事業への理解を深めていただくため、地域社会との交流を積極的に行なっております。

2018.11.14 平成30年度福島県道路除雪感謝状贈呈式

杉妻会館にて、今年度道路除雪感謝状贈呈式が行われました。除雪業務に尽力し、道路環境の安全維持に貢献してきた29社29人の功績をたたえ、感謝状が贈られました。当日は関係者70人が出席、堀田洋一所長は「近年の気候変動で県民の生活が脅かされつつある中、除雪従事者の仕事への責任感と卓越した技術は、大きな財産になる。後進の育成やさらなる技能向上に励み、安心安全な道路環境維持に協力してほしい」とあいさつ頂き、受賞者一人ひとりに感謝状を手渡されました。当社では、斎藤清一氏が受賞しました。

  • 感謝状を受け取る斎藤清一氏

  • 感謝状

2018.11.09 地域貢献の美化活動

社会・地域貢献の一環として、11月9日に本社周辺と郡山支店周辺、福島支店周辺、川俣町の当社施工現場周辺(国道114号山木屋地区)、11月15日に長谷川建設社屋新築工事の現場周辺の美化活動を行いました。当日20名以上の当社社員、協力会社などが参加し、工事期間中の地域住民らの協力へ感謝し、紙くずやペットボトル、ビニール類のゴミを分別しながら回収など、真剣に行いました。

  • 本社周辺

  • 福島支社周辺

  • 郡山支社周辺

  • 国道114号山木屋地区周辺

  • 長谷川建設社屋新築工事現場周辺

2018.10.13 献血活動

本社駐車場において同年2回目となる献血活動が実施されました。今回も仕事の合間を縫って当社社員をはじめ、関係協力会社のご協力をいただき約60名から貴重な善意が寄せられました。

  • 献血の様子

2018.09.04 平成30年度インターシップ(現場研修)

県内の中高生を対象に、実際の現場で学んでもらう体験学習が9月4日〜6日の3日間で実施されました。体験していただいたのは二本松工業高等学校都市システム科2年生5名です。実際の現場に出て、トランシットやトータルステーションを使った測量実習やICTの説明会などを現場の雰囲気や作業の流れを学んでもらいました。参加した生徒からは「仕事の大変さや厳しさを身をもって体験することができました」や「貴重な体験を通して、建設業への想いが強くなりました」など、感謝の手紙が多く寄せられました。体験学習を通して、多くの学び、感じとったと思います。将来、福島の建設業を担う意欲ある若者が輩出されることを強く願います。

  • 体験学習の様子

  •  

2018.08.31 体験型現場学習会

8月31日、東北地方整備局福島河川国道事務所と県建設業協会青年部は、福島市飯野中学校にて、体験型現場学習会を開きました。1年生38人がコンクリートの打ち込みや建設機械の試乗体験などを通して建設業に対する理解を深めました。学習会は、建設業の担い手不足が課題となっていることから、好奇心旺盛な中学生を対象に、建設業へ関心を持ってもらうことを目的に開催いたしました。同事務所職員と県建設業協会青年部会員ら約10人が指導に当たり、同事務所の下田一朗計画課長が「建設業の技術を体験し、ものづくりの醍醐味を味わってください」と挨拶しました。生徒らは、オリジナルコンクリードコンクリート製作、測量、当社所有のバックホウを用いた操作体験、土の掘削、小型UAVの操作。作業用ドローンの飛行見学を行いました。生徒たちの今後の学習、生活、進路選択に役立てばと思います。

  • 体験型現場学習会の様子
    生徒たちに説明する菅野社長、渡邉学氏

  •  

2018.05.26 献血活動

5月26日、本社駐車場において今年初めての献血活動が実施され、今年も仕事の合間を縫って当社社員をはじめ、関係協力会社のご協力を頂き、約50名から貴重な善意が寄せらました。

  • 献血活動の様子

2018.05.16 県警察本部長・県安全運転管理者協会長連盟表彰

5月16日、ネーブルシティもとみやaubeにて、本宮地区安全運転管理者協会が総会を開きました。三瓶会長から「交通事故防止、減少に向けて積極的な取り組みがしたい」と挨拶を頂き、山本裕孝郡山北警察署長が管内の交通事故発生状況などを説明しました。また各種表彰では、優良安全運転管理者として当社の上杉利彦氏が受賞しました。

  • 優良安全運転管理者として連名表彰を受ける当社上杉利彦氏

2018.04.05 あだたらの里美化活動

社会・地域貢献活動の一環として4月5日、あだたらの里直売所・ふれあい広場周辺の美化活動を行いました。当日は当社社員、協力会社併せて計14名が参加しました。地域のご協力に感謝し、ふれあい広場の内側と周囲の国道4号線沿い歩道などを対象に紙くずやペットボトル、ビニール類のゴミを分別しながら回収するなど熱心に取り組みました。

  • 美化活動の様子